2010年06月10日

幻覚強い雌株選び自宅で栽培 九州麻取部が男逮捕(産経新聞)

 海外で大麻草の種子を入手し、自宅で栽培したとして、九州厚生局麻薬取締部が大麻取締法違反(栽培)の疑いで、熊本市出水の建築作業員、吉田薫容疑者(25)を逮捕していたことが7日、わかった。吉田容疑者は幻覚成分の強い大麻草を育てようと、雌株をえりすぐる工夫をして栽培していたという。

 逮捕容疑は5月27日、自宅内で大麻草10株を栽培したとしている。

 同部によると、吉田容疑者は数年前からオランダに旅行した際などに大麻の種子を購入。今年も4月ごろに種を発芽させ、鉢に植えて育てているのを、内偵中の捜査官が確認した。

 大麻草は雄株と雌株に分かれ、受粉前の雌株にできる花房に幻覚作用の強い成分が最も含まれるとされる。吉田容疑者は雌株が受粉しないよう雄株を窓際に離して育てていたという。

 このほかは、室内の衣装ケースの中などで栽培。太陽光の代わりをする照明灯や空気を循環させる送風機、温度計、湿度計など、栽培に必要な道具一式をインターネットや書籍で調べて買いそろえていた。

 自宅からは吸引道具も見つかり、吉田容疑者は“効果の高い”大麻を自ら育て、吸おうとしていたとみられている。

【関連記事】
米セクシー俳優、チェイス・クロフォードが大麻所持で逮捕
自宅ベランダで大麻栽培容疑で大学生逮捕 広島
大麻所持容疑でロシア人船員逮捕
大麻所持容疑でヒップホップミュージシャン逮捕
大麻所持容疑で学生逮捕 長崎大の28歳、自宅で
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

ローソン子会社不正経理 恐れ知らぬ幼稚な成功者(産経新聞)
民主党新執行部 樽床伸二国対委員長 若手の信望厚く(産経新聞)
電子書籍サービス 利用端末は携帯が最多(産経新聞)
<リニア中央新幹線>迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで(産経新聞)
posted by カサハラ ショウイチ at 10:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。